忍者ブログ
落ち葉ブログ用
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[10/26 LIM]
[07/11 尾黒こー]
[05/31 LIM]
[05/28 尾黒こー]
[05/05 LIM]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

普段のあっしの線画をとのお言葉をいただいたので
載せてみることに。

なんというか、描き方いろいろコロコロ変えちゃうんだよね。
同じ描き方ばかりでは長くは続きません。(苦笑)

↓のワイバーンはちょっと前に途中まで描いていたものの線画と彩色です。
多分これも没って新しく描き直す可能性があります。

ちなみに、普段は彩色しながらクリッピングマスクで線画に色を
つけたりしているのでこんなに真っ黒な線にはなりません。
描いた線をそのまま使うのを基本嫌がるものですから
引いた後は消しゴムツールで形を整えてます。

気に入らなくなったときはこの時点で脱落することもありうるのよ。(笑)

正直参考になりませんので軽く見ていただく程度でいるのがセオリー。

sennga.jpg








raku.jpg







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
空襲=巨師の方々からの鋭い眼差し
ぁ、何か爆発してる・・・
おかしーな、戦車砲撃ち込んだ覚えないのに(ぁ

多分、もっさり盛られてる分インパクトがありすぎると思うんですw
うちにもさとりピヨコダンボールで郵送してください
銃と洋弓の的にs(コラ

ワイバーン自体は(他のドラゴンでも)骨格がネコ目の動物と似たような構造になってるところが多いですね
要因としては、脚の力が強いのと、効率よく伝えられやすい狩に適した身体構造なのです
私の場合は、ワイバーンは4枚の翼が好きです。腕と肩甲骨の下あたりから伸びてくるわけのわからん部分と
・・・・・・てのが、私のジャスティス
ちなみに、体色は夜明けの空の色が妥当ですかね
これはいずれ私自身の手で完成させたいですが
LIMさんのコンセプトでワイバーンをおまかせします。私はそれでお腹一杯になるだろうと思われ

巨師の方々の絵はこれ以上の参考資料はないですからネェ
すごくいいと思いますよ~、雰囲気は私の糧ですから(何
私自身もそんなお望みの作画探ししているのですが、私の望む物は多分、見つからないと思います
それだけ凝った作画を目指してます

とりえあず、巨師の方々にここの場所を伝えておけばいいのですね?フフフフ・・・・(ちょ

何はともあれ、デッサンですねぇ;ぎゃふん
Rモードに入ってくれない腐れ脳鯖

塗りだけで絵を描いてらっしゃるということですかね・・・・
私は挑戦する気すらおきません。私にはムリポorz
最近アナログでつい最近はシャーペンや鉛筆で狐の毛質をどのように表現するかを色々ためしていましたね
線画が好きなのでシャーペンで色々な表現をリアルにできればいいかなぁと思ってます
あとは、私の世界を創って時を流れさせれば私の目的は一つ達成されます

SAIも、結構便利な機能ついてますよ
まさしくレイヤー効果とか。SAIの色んな本でてるんで買って読んでみることをオススメします

返信と線画有難うございます
また色々と参考にさせてもらいますね
関係ない話ですが、キツネ村に行くのと資料本を束で買うのとどっちがいいですかねぇ・・・
欲求不満で生狐に(とりあえず、獣に餓えてる)もふもふしたいですし、本読んでたくさんの知識も入れたいし・・・・・

嗚呼、どうしよぅ

ではっもふもふ
[ 2009/03/09 22:59 尾黒こー URL 修正 ]
無題
うべあぁーー!!
お返事遅れてごめんなさい!一週間以上開けるって…!
尾黒こーさんコメントありがとうございます~!

今は徐々に焦りと不安の中で
後まで残してしまったことを片付けないといけない状況になって(して?)しまい、しばらくは趣味的なイラストは描けないかもしれないです…!(汗)

必ず描くという心情だけは変わりませんので
このアホですが気長に待っていただければ幸いです!

しばらくは事の関係でアナログの方で描く傾向になると思いますので何とぞ宜しくお願いします!(汗)
[ 2009/03/19 21:53 LIM URL 修正 ]
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ